2008年
■北京オリンピック激励壮行会
北京オリンピック激励壮行会 盛会 120名参加
利用者協議会と埠頭公社・よしもと連合体そして市港湾局の最高のコラボレーション。
アクセスディンギーレースに五輪選手が参戦!のサプライズ!
当日は、参加者より麦わら帽子にカンパをいただき、野口英世と福沢諭吉が飛び交いました。全額、選手への応援激励金として手渡されました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!
そして、ご賛同いただいた各種団体の幹事の方々ご苦労様でした。
皆様のエールを受けた彼らが、8月の青島の海に日の丸をあげてくれることを期待しましょう。
7月6日安全祈願祭挙
 
7月6日午前10時より大阪天満宮おいて安全祈願祭を挙行いたしました。20日に開催いたします天神祭奉納ヨットレースのセレモニーで、本レースの安全や成功はもとより我々の平素の活動の安全を祈念しています。シーズンもたけなわになってきました。絶対に事故を発生させない様に、万全の準備と心構えで日々の活動に臨みたいと思います。
なお、当クラブ会員でもあられる寺井宮司様よりお神酒としてビールとお酒を頂戴いたしました。
           
救急救命講習会開催22008/6/8
6月8日(日)午後1時より当クラブ講演講習委員会主催で「救急法の最新知識」と題して救急救命講習会が開催されました。講師は日本赤十字社救急法指導員の谷口昌弘先生、参加者は約20名ほどでした。谷口先生の判りやすいお話には感心したしだいで、参加者は大変興味を持って受講することができました。
救急法で大切なことは、まず気道の確保、そして人工呼吸と胸骨圧迫(心マッサージ)とAED(自動体外式除細動器)の使用です。状況によれば人工呼吸は省いてもよいとのお話がありました。重要なことは、胸骨圧迫により脳への血流を確保することです。最近、駅など人が多く集まる場でAEDの表示を見かける様になりました。ハーバーの事務所にもこのAEDが備えられています。講習ではダミーの人形を使用して具体的に使用法をお教え頂きました。
講師の谷口先生と西岡講演講習委員長
熱心に聞く受講者
ハーバーにあるAEDとその内部

2007年

Go to Top