セーラビリティー大阪 事務局  藤本 sailability@ohyc.gr.jp
                    (fax)06-6583-2889  (tel)090-3166-8993
Sailability Osakahttp://www.sailabilityosaka.jp/index.htm
Sailability Japanhttp://www.sailability.com/
Sailability Australia http://www.sailability.org/

メールマガジンの登録退会はこちらから

◆◆◆2006年◆◆◆
Sailabilityとは?
■アクセスディンギーダブルハンドトーナメントレース開催のお知らせ
8月27日に、今年もアクセスディンギーダブルハンドトーナメントレース(ハーバー主催)が開催されます。
参加希望者は、先着順ですので、お早めにエントリーしてください。
実施要綱
アクセスディンギー全日本選手権  D―6 A組優勝 (2006.7.17)1 4位
幼少の頃より今日まで半世紀を越える人生の中で、勉強であれ運動であれ常に1位とは縁が無かった。一族の歴史を振り返ってみても、幼稚園の運動会で娘が1等賞になった時、皆から我が一族半世紀ぶりの出来事とまで言われた。それ以来の快挙なのである。常に人の背を見て歩んできた私の人生、これからは前には誰もいないのだ。

土砂降りの雨の中で始まったD―1のレース、コンスタンチン中村や藤田qpらの強豪がいる。レース海面にでれば、何と学連でその腕を鳴らしたエオリア・ヨッシーが出場しているではないか。第1レースは良い位置でスタート、真剣に走った結果3着でフィニッシュ、何と後ろにはヨッシーやコンスタンチン中村がいた。この結果に「参加することに意義がある」の意識で常にいた私の心に火がつき「表彰台にあがれるかも?」の思いが芽生えた。

第2レースはやる気になって挑戦、しかしこの思いが逆に仇となりスタートで失敗、結果8着であった。表彰台の夢は消えてしまったのである。やはり学連あがりは速い。

続いて開催されたD―6のレース、私は家内のDollyと出た。このクラスには宿敵である会長夫妻もエントリーしている。この会長夫妻の艇のみをマークして私たちはスタートした。第1レースは我々は2着、会長夫妻は3着、ここで一度は消えた表彰台への夢が再び私の心の中に鮮やかに浮かび上がってきたのである。第2レースはまずまずのスタート、途中でもたつくDollyを何度か足で蹴って気合を入れ、下マークを廻ってからはダントツの1位になっていた。フィニッシュラインを越えた時に稲森コミッティーに「本当にマークを廻ってきたのか?」とまで言われた。かくして我が一族の新しい歴史のページが開かれたのである。

さて、今回のアクセスディンギー全日本選手権、土砂降りの雨の悪天候にもかかわらずたくさんの人達が集まり楽しんだ。主催者あいさつの中で藤本氏が話したように、当ヨットハーバー指定管理者制度導入の過程でモーターボートの運用が万一認められていれば、今回のレースはとても安全に開催は出来なかったであろう。この件で応援して頂いた市会議員の皆さんと共にメルボルンハウスの2階からレース海面を眺めると、アクセスのセールがたくさんの蝶の羽の様に舞っていた。
ハンディーがある人もない人も同じ土俵の上で共に楽しめるアクセスディンギーやセーラビリティーの活動、ある市会議員の方は議会の答弁の中で北港は「聖地である」とまで言い切った。多くの皆様と共に2月よりの試練を乗り越えてきたが、この風景を見るととても幸せに感じる。

 今年のレースはもちろん、日々のこの活動が多くの人々によって支えられている。最後になってしまいましたが、参加者の一人として支えて下さっている皆様に心より感謝とお礼の言葉を申し上げます。最近テレビアニメ「日本昔話」のエンディングのテーマ曲にはまっている。♪いいないいな人間ていいな♪である。
(OHYC会員:QUIXOTICnakakita&dolly)

■第7回全日本アクセスディンギー選手権in Osaka開催 (2006.7.17)
雨の中、大阪北港ヨットハーバー内のアクセスディンギー レース水面にて、参加選手75名、8クラス15レースを行い、無事第7回全日本アクセスディンギー選手権が終了しました。これも、スポンサー各位、大会参加者、ハーバー関係者、OHYCのみなさんのご協力のおかげです。
レースの参加者から、多くの感謝のメールをいただいております。これは、みなさんんと共有するうれしい便りです。ぜひ みなさんに、知っていただく思い、お知らせします。
レース結果
Photo
■第7回全日本アクセスディンギー選手権in Osakaのご案内
2ヶ月後に迫りました海の日恒例の全日本アクセスディンギー選手権を今年も7月17日の海の日に大阪北港ヨットハーバーで開催します。
★開催日時:2006年7月17日(海の日)
開催概要
申込書

レースに参加される方、ボランティアでお手伝いしていただける方、連絡御待ちしています。 賞品などの、寄付も受け付けています。ご協力おねがいします。
アクセスディンギーレース実行委員会 委員長 藤本
sailability@ohyc.gr.jp


2005年