セーラビリティー大阪 事務局  藤本 sailability@ohyc.gr.jp
                    (fax)06-6583-2889  (tel)090-3166-8993
Sailability Osakahttp://www.sailabilityosaka.jp/index.htm
Sailability Japanhttp://www.sailability.com/
Sailability Australia http://www.sailability.org/

メールマガジンの登録退会はこちらから

◆◆◆2009年◆◆◆
Sailabilityとは?
             横浜開港150周年記念アクセスディンギー大会 遠征記

6月11日明日からの,横浜でのレースに参加する為,選手たちと出発する日!!、夜の九時過ぎから、弁天町の駅前で、まず電動車椅子の、オダッチを乗車さす.セブンに借りた、車椅子を運ぶ仕様の、車である.集合場所のハーバーヘ、北港では、住みちゃん松ちゃんのホイルチェアーマンが、待っていました。1台の車に定員の6人、車椅子3台、何と大荷物である.これで横浜迄の珍道中が始まる。最初にハンドルを、タブッチャンが握り、名神、新名神.伊勢湾岸自動車道 御在所PAで休憩一度きっちり積んだ物を全て降ろして、車椅子を降ろさないとみなさんトイレにも行けない??休憩後給油して、伊勢湾岸自動車道を東へ、岡崎から東名高速に入る。

私がハンドルを握り、日本平PAでまた休憩、タブッチャンにまた変わり、みんなの希望で,厚木から茅ヶ崎廻りで.夜明けの烏帽子岩や江ノ島,それとゴムの革をかぶった,トドを見て,鎌倉?葉山?そして??此所は?横須賀?? ?トンネル抜けたら,海が見えるから??そのまま鈍突きの,三笠公園で,三笠を見るため休憩!! そんなこんなで朝7時過ぎに,桜木町の,ファミレスで朝食をとる!! 8時過ぎに港みらいの,会場に到着しました. 受付をすまし,海面に艇を浮かべる.これはいつも人力仕事ですが,クレーンらしき物が移動してきて、船台ごとつり上げるようです。

今回は、豪州から、我が友テリーピークが、ジュリーとして、息子を連れて参加(アクセスディンギークラス協会の会長)彼と色々な問題に付いて話が出来る事を、ありがたく思っていました.ジュリーには,お世話になっている柴沼さんも参加しておられました。

   
アクセスディンギーレース実行委員会 委員長 藤本
sailability@ohyc.gr.jp


2006年
2005年