第13回天神祭り奉納ヨットレース(2006.7.16) ORCクラス優勝 アーリーバード

7月16日、長引く梅雨の尻尾を辛うじて避けながら恒例のレースは定刻11:00オールフェアーで開幕した。風速13ノット以上アウターマークが混み合う中、アーリーバードはやや遅れてライン中央から#2ジブを揚げてスタートした。愛艇は今シーズンY33からIMX38に換った。全ての艤装が一回り大きく省力化装備が充実したとはいえ還暦2名を含む高齢チームには厳しい気象条件だ。

全43艇中ORCクラスのエントリーは6艇。これまで何度かレーサー軍団でのファイトを試みたが苦い思い出しか残っていなかったが艇の入替えを機会に懲りずに挑戦した。

スタボーロングの中、サマーボーイ、ウマドリ、クラスAのディックフィールドミリオンが艇足を伸ばす。チョッピーな海況に翻弄されヘッディングとセールシェイプが定まらない。怒声が飛び交う中ウマドリに追いすがる。
マーク回航でスピンの影に入れたもののレイラインに逃げられる。当方はデッドランで下マークを目指す。5レグまで形勢変わらず、エキストラステージ6レグで北港前のゴールを目指して上マークを回航した。マーク回航前にこのままでは勝機無しと判断しジェネカーの威力に期待して逆転を図るべしと指示が飛ぶ。クルーからシートセットOKと声が掛かった。そしてマーク回航後ホイストの指示が出るもジェネカーは船倉の中????。船上では肝心な時に大事を抜かす事をよく経験する。クルー全員の意識にセールセット完結編が無かった。暗鬱なムードの中で順位変わらずそのままゴール。空しく後続艇とのタイムアローアンスをチェックする。
アフターパティーの驟雨一過、アーリーバード快勝には吃驚仰天。ビックレース久方振りの美酒を満喫した。大会関係者、レースコミッティーの皆様、ご尽力頂き有難う御座いました。
(冨岡 記)